阿蘇ひぐらし通信

庭園鉄道「阿蘇ひぐらし鉄道」のこと、また懐かしい駅の写真も紹介します

一部区間で運転を再開

 夏季休業中だった「阿蘇ひぐらし鉄道 呉羽の里線」が,線路の草を取って一部区間の運転を再開した.
 走行は順調だが,車輌の上回りに痛みや汚れが目立つ.熊のパディントンが乗っている車掌車は,屋根の端がはがれ始めている.その後の客車の屋根も汚れがひどく少しへこんでいる.
 屋根があるとは言え,屋外に留置しているので,多少は雨が吹き込むこともあるし土埃なども着く.初期に製作した車輌は,例えば接着剤の耐水性なども考慮していなかった.屋根の剥がれの原因もそこにある.
 しばらくは新しい車輌を作るのではなく,古い車輌を改良していきたいと考えている.一部の車輌は上まわりを作り直してもいいかもしれない.
Img_8974w  
Img_8976w  
Img_8977w  
阿蘇ひぐらし鉄道 呉羽の里線 2013年9月6日