阿蘇ひぐらし通信

庭園鉄道「阿蘇ひぐらし鉄道」のこと、また懐かしい駅の写真も紹介します

「西宮船坂ビエンナーレ2012」を見る(3)

 「蓬莱峡エリア」を見た後,本会場に行きました.布で編んだ三角形を天井から吊した作品は,暗い部屋の中にあって,一部だけが日の光に照らされていました.奥の部屋の障子の穴から覗くと,庭に鏡があって今いる家の屋根(見ている場所の上付近)にペットボトルが置いてあるのが見えました.写真に撮ってみましたが,意外によく写っていました.
Img_5777w  
Img_5780w  
 納屋の戸を開けてみると白い部屋に,蝶やセミの翅がぶら下がっていました.その時は一文字蝶の翅かなと思いましたが,図鑑で見てみると,どうも星三筋(ホシミスジ)のようです.
Img_5784w  
 田圃や畑には,いろいろ作品がありました.ビニールハウスに竹を散らした作品,電球のひよこ,前回小学校から見た流木の船もありました.
Img_5793w  
Img_5807w  
Img_5813w  
Img_5821w  
 パンフレットには載っているのになかなか見つからなかった作品も,人に聞いて最後に見ることができました.石垣の間に置いてある白い小さな顔でした.髪の毛のようにのっているもみじの葉っぱは,見に来た人が置いたのでしょうか.
Img_5830w  
Img_5834w
兵庫県西宮市山口町船坂 2012年11月16日